岐阜県のとても小さなまち「富加町」移住・定住応援サイト

とみかで暮らす人

富加町で生まれ育った人、移住した人。
このまちで暮らすご家族に、お話を伺いました。

ゆったりとした時間の傍らに、ほどよい便利さがある。そんな贅沢な暮らしがとても気に入っています。

桝田さんファミリー(2015年に富加町に移住 家族構成/ご主人、奥様、お子様4人)

富加町に移住したきっかけを教えてください。

第4子の妊娠と長女の中学進学というタイミングが重なり、マイホームの購入を考えたことがきっかけです。私たち夫婦は以前から「家を買うなら、互いの職場に通いやすく、かつのびのびと子育てができる自然豊かなまちで」と考えていました。新築・中古を問わず、たくさんの物件を見て回った中で、気に入ったのが今の住まい。山並みと田園風景の中に建つ昔ながらの日本家屋のたたずまいにひと目惚れし、ここをリフォームして暮らすことを決めました。現在は森林管理の仕事に従事していますが、「いつかは農業にも挑戦したい」と常々話している主人にとって、隣接する畑や田んぼをあわせて購入できることも後押しになったようです。(奥様)

現在の暮らしはいかがですか?

現在の暮らしはいかがですか?

以前と比べると通勤時間は少し長くなりましたが、子どもたちが毎日元気に走り回る姿やキラキラの笑顔を見るたびに、移住してよかったと心から思います。田舎暮らしといっても、車で数分も走ればスーパーや病院、学校、保育園、大型遊具のある公園などがあって、不便はまったく感じません。コンパクトなまちの中に、子育てや生活に必要なものがすべてそろっているという感じですね。豊かな自然やゆったりとした時間の傍らに、ほどよい便利さがある…そんな贅沢な暮らしがとても気に入っています。(ご主人)

富加町のいいところ

移住する前は、地域に受け入れていただけるか、少し心配でした。でも、それはまったく無用の心配で、実際に接してみると、みなさん本当に親切で温かい方々ばかりです。特に、家族のように子どもたちを可愛がってくださるご近所の方々には感謝してもしきれないほど。採れたての野菜を分けていただくこともしょっちゅうで、大家族の我が家にとってはありがたいですね。そうした日ごろのご恩を、いつか何かの形でお返しできたらと思っています。
また、移住に際し、煩雑な手続きが必要だったのですが、役場の方々にもずいぶん助けていただきました。学校のこと、住まいのこと、保険のこと、税金のことなど、一度に済むよう、各部門の方が窓口に集まってくださったり、丁寧に相談に乗ってくださったりと、本当に心強かったです。ちなみに富加町は、子育てサポートも充実しているんですよ。第4子の出生届けを出しに行ったら、思いがけず出産祝い金をいただいてビックリ。保育園の待機児童数もゼロですし、町をあげて子どもを大切にしていることを感じます。(奥様)

移住を考えている人へ

ひとつ言えるのは、田舎では自分たちのためだけに生きていくことはできないということ。寄り合いから祭事、清掃活動まで、ご近所や地域のために使う時間が多くなります。酒宴の席を通じて仲良くなるという風土も、田舎ならではかもしれません。でも、そうした濃密なコミュニケーションがあるからこそ、何かあった時でも心強い。人と人のつながりを身近に感じながら子どもたちが成長できる環境は、かけがえのないものです。
ただ一方で、移住前のような気楽さがなくなるのも事実。今までの価値観をリセットして、暮らしを新しく作っていく…そんな気持ちが大切だと思います。

※ページ内の情報は2016年3月公開時点のものです。

鈴木さんファミリー

榎本さんファミリー

桝田さんファミリー

堀田さんファミリー

井戸さんファミリー

長尾さんファミリー